これまでの活動

第四回

 

 2004年10月13日、14日
「さあ、心の旅へ=短編小説の広い世界=」

講演
「短編小説のレシピ」  阿刀田高

朗読
「犬を飼う女」(阿刀田高:文藝春秋刊   <黒喜劇>) 阿刀田慶子
「時に佇つ・その十一」(佐多稲子:講談社文芸文庫) 白坂道子

短編小説は短いぶんだけ多彩に展開し、技の冴えが鮮やかに浮かぶ。それが読む楽しさとなり、聞く魅力を生む。今期のだしものは、ひとつは黒いユーモア、もうひとつは人生の照察。

まったく味わいの異なる二作品だ。秋の日のひととき、短編小説の果てしない広さを皆様にお届けしよう。

 

阿刀田 高  

コメントは受け付けていません。