これまでの活動

第六回

 

 2006年9月26日~28日
花を書く花を読む―短編小説の魅力を訪ねて―

講演
『花の発見』  阿刀田 高

朗読
『しだれ桜』  阿刀田慶子(瀬戸内晴美著・文春文庫『花情』より)
『菊の香り』  阿刀田慶子(阿刀田高著・講談社文庫『食べられた男』より)

花には二つの意味がある。実際に野に咲く美しい花。そして、もうひとつ、心の中に華やぐもの。ああ、そうだ。それぞれの発見が、私たちの人生をきっとましなものにしてくれる。短編小説の魅力を通してそれを皆様の耳にお届けしよう。

 

阿刀田 高

コメントは受け付けていません。