これまでの活動

第十一回

 
2011年10月18日~20日
「語り手はどこにいる?」
―短編小説と朗読の魅力をユニークな方法で ―

 
演 出
鴨下信一
 
出演者
阿刀田慶子、森ミドリ
 
第1部作品
井上 ひさし 「笛吹峠の話売り」(「新釈 遠野物語」より)
H・スレッサー 「ペンフレンド」(「うまい犯罪、しゃれた殺人」より)
 
講演
阿刀田 高  『井上ひさしさんに因んで』
 
第2部
A・チェホフ 「カシタンカ」
 
翻訳小説は魔術を含んでいる。テキストが一通りとは限らない。
語り手がどこをどう読むか。多彩な井上文学を偲びながら、ユニークな手法で短編小説の
魅力をお届けしよう。

阿刀田 高

 

 

 

コメントは受け付けていません。